童貞見聞録

アラサーのセクシャルマイノリティ童貞野郎が心に移りゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつけるブログ

博士課程に進むということ

たまには、真面目な記事でも書いてみようと思う。 自分の人生を振り返ってみて、幾つかターニングポイントはあったけれども、中でも博士課程への進学は特に大きかったと思っている。実は、当時それほど深く悩んだ上で決めたのかと言えば微妙で、でも今から考…

レンタルおじさん

最近、レンタルおじさんの真似事をしている。 レンタルおじさんと聞いてピンとくる人は、きっと同じドラマを観ていたと思われる。2016年春に放送されていた日本テレビ系ドラマ「ゆとりですがなにか」だ。 ドラマの内容には触れないが、このドラマは、「レン…

分離派の夏

怪我をした。 4月から仕事が少し変わり、関わる人が格段に増えたのだが、その分休日のお誘いも増えた。つい先日、ゴーカートに連れて行ってもらってハッスルし過ぎた結果、コーナーを曲がり切れずにカートごと突き刺さって怪我をした。30過ぎて何をしている…

温泉での珍事

つい2日前の夜、近所の温泉(スパ銭に近い)にて衝撃的な体験をした。余りのことに、普段よく会うような同僚や友人には話せない内容だったので、ここに書き捨てておきたいと思う。また、その過程で、期せずして自分について少しだけ発見があった。そのことも…

腐女子へのシンパシー

先日、今シーズンのねほりんぱほりんが最終回を迎えた。以前、記事にしたパパ活女子以降も、トップオタやホストに貢ぐ女たちなど、毎回刺激的な内容が続いて、スタッフの皆さんの力量に感嘆するばかりだった。その中で、個人的に最も親近感を覚えたのが、「…

さよならの朝に約束の花をかざろう

相変わらず忙しいのだが、その合間を縫って映画を観に行ってきた。「あの花」や「ここさけ」といったヒット作で有名になった脚本家・岡田麿里さんが監督も務めたという最新作である。実は、「あの花」も「ここさけ」も何となく観る気になれなくて、今回が初…

キャラクターの呪縛

2月、余りに実験が立て込んで更新が久しぶりになってしまった。ここのところ、ブログの本来の目的から外れたことばかり記事にしていたので、たまには戻ろうと思う。どのような経緯で自分のような人間が出来上がったのか。今回は、小学生くらいの頃の自分を振…

別れ話

あなたから電話があったのは、確か3年前の夏でしたね。突然、仕事用のPHSに非通知の文字。まだ勤め始めの新人時代で、少しドキドキしながら出たのを覚えています。軽妙なトーク、美しい声、ただ頷くしかできなかった。もっと聞いていたかったけれど、生憎そ…

否定と肯定

観に行きたいと思っていたのに都合がつかず、公開終了間際に滑り込むことができた。 hitei-koutei.com映画『否定と肯定』予告 歴史修正主義が蔓延るいま、絶対に観ておくべき映画だろうと意気込んで観に行った。当初は、歴史修正主義の嘘がドラマティックに…

「徹子の部屋」2017年BEST3

総決算のやり残し2つ目。2017年も、徹子の部屋を追いかけ続けた1年だった。毎週末、次の週の分の徹子の部屋をまとめて録画予約し、時間を見つけて消化する日々。正直、忙しい時にはどうしてもHDDを圧迫して、段々と貯まっていくのを負担に感じることもないで…

2017年下半期の個人的ヘビロテ音楽備忘録

ダラダラしている内に年が明けてしまった。年の終わりに1年を振り返ることもできず、それどころかタイトルだけ付けた記事を幾つも残したまま、2018年を迎えてしまった。何だか情けないスタートになって恥ずかしいのだけれども、今年も無理せずマイペースに続…

希望のかなた

11月前半からずっと実験が続いていて、なかなか映画館に行くこともできないでいたのだが、先週の日曜日に何とか渋谷のユーロスペースに滑り込んだ。大好きな映画作家の一人であるアキ・カウリスマキ監督の新作が公開中なのだ。大学生の頃に、やはりユーロス…

寄席のまとめ

初めて寄席に足を踏み入れてから、もう6年位経っただろうか。通い始めた頃は東京で学生をしていたため、近所に4軒も常打小屋(定席)があるという大変恵まれた環境にあった。就職してからはかつてほど行けなくなってしまったが、それでも、折をみて同僚や友…

ファンタジーのリアリズム

研究は、客観的事実を積み重ねて物事に潜む普遍性を見出していく作業である。そうした作業の中での発見は、論文という形でまとめられ、他の研究者に伝えられていく。従って、論文においては、如何に論理的で、かつ、その論理が明快であるかが重要視される。…

タダより高い物はない

第1シーズンに引き続き、「ねほりんぱほりん」を楽しみに観ている。元々「ねほりんはほりん」という特別番組からスタート、満を持してレギュラー化された第1シーズンでは、放送時に必ずTwitterのトレンドワードに挙がるほど話題を集めていた。所謂、覆面イ…

煙草×映画

最近またタバコ税が話題になっている。僕自身は愛煙家ではないし、喫煙をしたことすらない。ただ、分煙はきちんとした方が良いと考える一方で、昨今の喫煙者に対する過剰なバッシングは少しやり過ぎではないかと感じている。 かつて僕が学生だった頃、居室の…

ドリーム

しばらく振りに映画を観に行ってきた。前評判の通り、ちょっと文句の付けようもない快作だったので、僕も自分なりに感想をまとめておこうと思う。 映画『ドリーム』予告A 「ドリーム」(原題「Hidden Figures」)は、NASAのマーキュリー計画の成功の裏で偏見…

性的指向について③

また記事の更新が遅くなっている。ここしばらくは若手研究者らしく就職活動で忙しかった。やっとそちらが落ち着いたので、またこうして筆を執っている。研究者業界の就職活動についても、いつか機会をみて記事をまとめておこうと思う。 さて、今回は忙しい期…

一人っ子の憂鬱と自由

ブログを始めてから一年以上が経ったが、今のところ何とか続いている。自分で書くのももちろん楽しいけれども、それ以上に他の皆さんのブログが面白くて、購読ブログの新着情報を開くのが日課になっている。「〇〇の方法」とか「××してみた」とかは個人的に…

星野源はウナギになった

昨夜、おげんさん(星野源)がゲストのSONGSを観ていた。 www6.nhk.or.jpおげんさんとは、5月に一回だけ放送された生放送番組「おげんさんといっしょ」のキャラクターで、星野さんの新曲「Family Song」のMVにも登場する素敵なお母さんだ。 星野 源 - Family…

マインド・ゲーム

先月、早稲田松竹で湯浅政明特集が組まれた。今年は、「夜は短し歩けよ乙女」「夜明け告げるルーのうた」と名作を連発し、改めて過去の作品にも注目が集まっている。週末はかなりの人を集めて立ち見でも入れないという状況だったようだが、幸運にも平日に行…

オタクの再生産

随分と前回の記事から間が空いてしまった。8月の中頃に風邪を引いて寝込んだのをきっかけに、実験だ学会だと急に忙しくなったりして、書きたいことは溜まっていくのになかなか記事に出来ないでいた。ようやく少し余裕も出てきたので、少しずつ書きたいものリ…

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣

先週末、東京で友人の相談事に付き合った後、兼ねてから観たいと思っていた作品を渋谷のル・シネマまで観に行ってきた。 映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』予告編 ちなみに、ル・シネマに来たのは数年ぶりだったが、相変わらず客層が…

愛は光

先週、Negiccoのベストアルバムを購入した。 Negicco 2011~2017 -BEST- 2 [CD+Blu-ray Disc] アーティスト: Negicco 出版社/メーカー: T-Palette Records 発売日: 2017/07/20 メディア: CD この商品を含むブログ (8件) を見る 彼女たちにとっては2枚目のベス…

ハーフのトラウマ

ずっと、いつか書いておかなければならないと思っていたことがある。度々ほのめかしてきたけれども、僕が中1の頃に同級生から受けていた嫌がらせについてだ。ただ、不幸自慢のようになったり、言い訳がましくなったりすることは避けたかった。どのように書く…

血統への嫌悪感

少し時期を逃してしまった気もするが、下記の件に対して自分が過剰に反応していることに気が付いたので、その原因に関する考察を記事として残しておこうと思う。 headlines.yahoo.co.jp

KING OF PRISM -PRIDE the HERO-

友人に誘われて、ずっと体験したいと思っていた応援上映に参加してきた。 kinpri.com 劇場版「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」劇場予告 色々と衝撃だった。衝撃が大きすぎてどっと疲れてしまった。日曜の20時の回を友人2人と1, 2杯飲んだほろ酔い状態で…

M男×M女の悲劇(Secrets×魅せられて)

以前、失恋ソングの記事で、男視点の楽曲と女視点の楽曲をカップリングするという新しい遊びを体得したことを説明した。今回、満を持して新しいカップルを見つけたので、ここに紹介したい。

2017年上半期の個人的ヘビロテ音楽備忘録

時の流れは速いもので、もう2017年も上半期が終わろうとしている。去年に引き続き、今年も既に色々なCDを買い、楽しませてもらっている。昨年末に1年分をまとめるとき結構苦労したので、半期で分けてまとめておくことにする。僕が購入した時系列になっている…

利他主義の抱える矛盾 〜美しい星〜

父と二人で「美しい星」を観に行ってきた。 父親と二人っきりで出かけるなど、何年振りだろうか。映画まで限定すると、もしかしたら小学生以来かも知れない。最近、懇意にしていた友人が亡くなって、卒寿を迎えたばかりの祖母が気を落としているらしいという…