童貞見聞録

アラサーのセクシャルマイノリティ童貞野郎が心に移りゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつけるブログ

音楽

2017年上半期の個人的ヘビロテ音楽備忘録

時の流れは速いもので、もう2017年も上半期が終わろうとしている。去年に引き続き、今年も既に色々なCDを買い、楽しませてもらっている。昨年末に1年分をまとめるとき結構苦労したので、半期で分けてまとめておくことにする。僕が購入した時系列になっている…

10代の主題歌

先日、YUKIさんが出演したSONGSを観ていて、10代の終わりくらいの頃、自分のテーマソングはこれだと確信していた曲があったことを思い出した。改めて、自分のiPodで聴きなおして、確かに相変わらず共鳴するところがあるし、しかも自分の今の仕事にも通じてい…

コリアン文化の洗礼

右派政権が長期化しているせいか、近年ずっと嫌韓ブームが続いている。本屋に行けば、ヘイトに満ちた煽り文が踊る本が平積みにされていて、何とも窮屈な世の中になったものだとうすら寒くなる。Twitterでもブログでも、定型文のような虚実織り交ぜたヘイトメ…

2016年の個人的ヘビロテ音楽備忘録

今年は「シン・ゴジラ」や「君の名は。」、「この世界の片隅に」含めて様々なヒット映画が生まれたことから、各所に「邦画当たり年」というフレーズが並んでいる。僕自身もそのことは否定しないが、個人的には音楽の当たり年でもあったなとしみじみ思ってい…

この世界の片隅に

「この世界の片隅に」の2回目の鑑賞に行ってきた。 konosekai.jp先月、渋谷ユーロスペースで友人と初めての鑑賞。その情報量の密度、完成度の高さ、圧倒的な面白さにうまく感想がまとめられずにいた。そのままパンフレットを購入し、さらに原作も買って読み…

アイドルを楽しむ

僕は、かつてアイドルに全くハマらない人間だった。考えてみれば当然である。根本はゲイ寄りのバイで、しかも無性愛者なのだから、いわゆる疑似恋愛のような形のアイドルへのハマり方にははなから向いていない。 世代としては、小学校から中学校にかけて時代…

物語のなかの渋谷

先日、ほとんど衝動的にPS4を購入して以来、時間を見つけては続けていたペルソナ5の1週目をようやくクリアした。素晴らしい内容だった。子どもの頃からホームズよりルパンが大好きだった僕にとって、やはり「義賊」というのは殺し文句らしい。主人公に「東尋…

宇多田ヒカルの日本語詞

宇多田ヒカル女史の約6年ぶりのアルバム「Fantôme」がリリースされた。既に多くの人がこの作品を聴き、素晴らしいレビューが次々と挙がっているこの状況で、これを取り上げることは気がひけるのだけれども、彼女の存在は僕にとっても大きなものなので記事に…

失恋ソング(オリビアを聴きながら×もう君がいない)

僕は失恋ソングと呼ばれるものが嫌いである。 そもそも恋愛経験がない童貞野郎なのだから当然失恋の経験もない、単に感情移入できないだけだろうと言われてしまうかも知れない。確かにそういう部分はあるだろう。ただ、感情移入できないだけであれば「分から…