童貞見聞録

アラサーのセクシャルマイノリティ童貞野郎が心に移りゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつけるブログ

学校教材としてのシン・ゴジラ

ようやく「シン・ゴジラ」を観てきた。 すでに、熱量・情報量ともに多い素晴らしいレビューが世に溢れているし、エヴァとの関係や特撮の素晴らしさ、伊福部音楽の有難み、3.11との関係etc散々語りつくされているので、ちょっと視点を変えて感想をまとめてお…

失恋ソング(オリビアを聴きながら×もう君がいない)

僕は失恋ソングと呼ばれるものが嫌いである。 そもそも恋愛経験がない童貞野郎なのだから当然失恋の経験もない、単に感情移入できないだけだろうと言われてしまうかも知れない。確かにそういう部分はあるだろう。ただ、感情移入できないだけであれば「分から…

ハッシュ!

僕は映画館が好きだ。 もちろん映画そのものも好きではあるのだけど、特に映画館という場所がとても好きだ。

「正直さ」と「寛容さ」

僕は子供のころからテレビが好きで、大人になった今でも良く観ている。 最近は、動画サイトやストリーミングサービスが発達して、テレビを持たない人も多いと聞いて少し残念に思っている。「テレビが面白くなくなった」という言葉が聞かれるようになって久し…

バケモノの子

先日の金曜ロードショウで放送された分を、ようやく観ることができた。映画のレビューとして、というよりも、最近思っていたことと重なって、これは書き留めておいた方が良いかな、ということで記事にすることにした。

恋とは

「恋」とか「恋愛」という言葉を辞書で調べてみた。 多くの場合、「相手に惹かれて切なく想う」といったことが書いてある。一方で、新明解国語辞典の第5版には、 精神的な一体感だけでなく肉体的な一体感も得たい といったことが書かれている。恋を、優秀な…

性的指向について①

自分語りの手始めとして、とりあえずテーマのひとつでもある性的指向についてまとめてみたい。

はじめに

僕は童貞である。 それも三十路を目前に控えたそれなりに年季の入った童貞である。 何故こんな事態になったのか。