読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

童貞見聞録

アラサーのセクシャルマイノリティ童貞野郎が心に移りゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつけるブログ

カミングアウトとアウティング

カミングアウト:公にしていない自らの出生や病状、性的指向を表明すること。

アウティング:他人の出生や病状、性的指向を暴露すること。

僕は、これまで、はっきりと自分の性的指向について人に話したことはなかった。
特に、同性愛的な部分については、「そうなんじゃないの?」と聞かれても「そうではない」と答えてきた。
女性にも性的興奮を覚えることはあるので嘘ではない、と自分自身に言い訳をしながら答えていたと思う。
それも最近は嫌になってきて、最も付き合いのある友人には、このブログのことも含めて先日打ち明けた。
まあ、元々そう思っていただろうし、話したところで特に驚きもなかった。
納得されたというか、腑に落ちた、という風に見えた。

一方、去年はアウティングに関わる出来事が幾つか話題になった。
有名なところでは成宮寛貴氏の引退騒動だろうが、個人的には、一橋大学で起きた痛ましい事故が心に残っている。

www.bengo4.com

僕自身は、この問題の本質は、同性愛ということとは必ずしも関係がないと思っている。
告白したことをネタにして吊し上げようという輩は、同性愛に限らず異性愛の場合でも現れるし、当然非難されるべきだ。
(件のアウティング野郎はロースクールに通う学生だそうだが、守秘義務の発生する弁護士なんかは明らかに向いていないので多分辞めた方が良い)
同性愛という点をとりあえず置いておいても、一橋大学の対応は最悪だった。
ただ、ここまで問題化したのは、やはり同性愛者だと知られることが社会的な不利益に繋がるという意識を、多くの人が共有しているからだろう。
ある部分ではその通りだと思うし、僕自身が人に言えなかった理由も多少はそこにあると思う。
自ら差別を助長していると言われればその通りかもしれないが、そもそも、普段の社会生活において性的指向を明かさなければならない瞬間はほぼないので、放っておいて欲しいというのが素直な感想だ。
もちろん社会がもっと寛容に変わるべきとは思うが、「恥ずかしいことではないのだからカムアウトすべき」とアウティングに走る確信犯的な人たちは迷惑でしかない。

翻って、自分のことを考えてみたときに、カミングアウトを躊躇う一番大きな理由に思い当たった。
と同時に、アウティングに関することを考えていったとき、カミングアウトも少し考え直した方が良いかも知れないと思い始めている。
そもそも、このブログを書き始めたのは、自分自身の良く分からない性的指向を整理するためにも、嘘をつく必要がない匿名の書き捨て場を用意することが主な理由だった。
ブログを続けていれば、いずれ嘘偽りなく人と話せるようになるかと期待していた部分もあったのだが、少なくとも現時点では全く逆のことを考えている。
備忘録として、そう考えるに至った経緯を残しておく。

 

僕が、自分の性的指向(主に同性愛的指向の部分)を人に話せない最も大きな理由は、おそらく父にある。
父は、基本的には極めてリベラルな考え方の人間なのだが、こと家族や性別のこととなると古風なところがある。
端的に言えば、同性愛に対する拒否反応が強い。
最近ではテレビに同性愛者の方が出演される機会も多いけれども、そうした場面で父が「気持ち悪い」と感想を述べているのには子供の頃から何度も遭遇している。
一応弁護のために書いておくと、「気持ち悪い」という感想は自宅でしか聞いたことはないし、同性愛者が社会的な不利益を被ることは怪しからんということも彼は理解しているはずである。
ただ、生理的に受け付けない、ということなのだろう。

父の言葉に傷ついていないと言えば噓になるが、一方で、同性愛を生理的に嫌う人間は一定数いて然るべきだとも思っている。
有性生殖によって個体数を増やしていく生物である以上、同性愛はどうしたって異端だ。
それに対して嫌悪感を持つことはむしろ自然だとすら思う。
社会的に差別することと嫌悪感を持つことは、全く別の話だ。
したがって、僕は父のその嫌悪感を払拭したいとは思わないし、また、できるとも思っていない。

そんなわけで、僕は、とりあえず父には知られるまいと思っているわけだが、それは、僕のためというよりも、むしろ父のためだ。
父が、家族や子供に対して人一倍思い入れが強いこととその理由を知っているからだ。

僕には、年の離れた姉がいる。
と言ってももう20年以上会っていないので、街ですれ違っても互いに認識することもできないだろう。
というのも、以前の記事でも少し触れたように、実母の死後、僕は父方に、姉は実母の親戚方に引き取られたからだ。
この件について、父はあまり語ろうとはしないのだが、当時(5歳)のおぼろげな記憶と関わった人からの話、その後の状況を総合すると、どうも父は姉のことも引き取りたかったが、姉本人が強くそれを拒んだようだ。
父は特に婿養子ということではなかったのだが、単身赴任も多かったせいか、結婚後、実母の実家で生活をしていた。
そして、どうやら実母の母(僕から見れば祖母)にあまり好かれていなかったようだ。
仕事で家を空けることの多かった父とは話をする機会も少なく、逆に父を良く思わない祖母とはべったりだったため、姉はすっかり父嫌いに育っていたようだ。
そして実母が病死、間の悪いことに姉は当時中学生で反抗期真っただ中だった。
とにかく拒否反応が激しく、結局父は泣く泣く実の娘を手放して、僕と一緒に追い出されるようにして実母の実家を出ていくことになった。
その後、何回か面会はしていたようだが、そのたびに喧嘩になっていたらしい。
途中、実母の実家から養育費に関して裁判を起こされるなどの悶着もあって、基本楽天家の父も流石に応えたようだった。

5年ほど前になると思うが、珍しく姉から父に電話があった。
内容は、結婚したけれども会いたいか、というものだったと言う。
父は「ちゃんと紹介をしろ」ということで怒り、いつもの喧嘩に発展して、それ以来何の連絡もない。
先日、どうなっているか確かめるために父は戸籍を取りに役所に行って、娘の籍が抜けているのを確認したと言っていた。
離れて暮らした期間が長かったとは言え、娘の結婚を戸籍で確かめるというのはどんな気持ちだろうとかける言葉が見つからなかった。

そんなわけで、父は子供に対して人一倍思い入れが強い。
子どもに対する愛情の深さは驚嘆に値すると思う。
こんなことがあってなお、高校生くらいの姉が父に宛てた罵詈雑言の手紙を、ファイルに大事に入れて保存していることも知っている。
それなのに、こんな風に姉とほぼ完全に絶縁している上に、手元で大事に育てた息子が性的に良く分からんもの、しかも自分が生理的に受け付けない存在に近いものになっていたと知ったら、どうか。
僕には、父に止めを刺す勇気はない。
幸か不幸か、僕は父とかなり歳の差があるので、彼が亡くなるまでの間くらいは「結婚はまだか」「孫の顔が見たい」攻撃に付き合って耐えることが、せめてもの親孝行くらいに思っている。

さて、そうは言っても嘘を吐き続けるのも神経が減る。
だから、近しい友人や、おそらく勘付いているだろう母(養母)位には打ち明けても良いかなと考えていた。
そんな折、昨年大流行したドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」を観て、考えが少し改まった。
最初の方のエピソードで、両家の顔合わせの後、主人公みくりさんが叔母にだけは契約結婚であることを打ち明けようと平匡さんに提案するシーンがある。
しかし、平匡さんは、自分たちの罪悪感は自分たちで負担すべきだとして、この提案を却下する。

このシーンを観ながら、僕は自分自身のことを考えた。
確かに、近しい人たちに打ち明ければ、今後その人たちに嘘を吐く必要はなくなるので、僕自身は楽になる。
でも、もし打ち明けるとなれば、上記のような事情とともに、父にだけは知られたくないということも伝えなければならない。
つまり、その人に、守秘義務や嘘を強要することになってしまう。
僕の荷物を、重いからと言って人に負わせるのはやはり忍びない。
それに、客観的事実として、人に話せば話すほどアウティングの危険性は増える。
既に打ち明けてしまった最も近しい友人たちには申し訳ないが、現時点では、やはり今後も黙っておこうという気持ちになっている。
ただ、このブログのおかげで、以前に比べれば大分気持ちの面でバランスが取れている気がする。
ブログにこんな効能があるとは思わなかったが、以前にも増して、僕にとって大事な場所になりつつある。