童貞見聞録

アラサーのセクシャルマイノリティ童貞野郎が心に移りゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつけるブログ

レンタルおじさん

最近、レンタルおじさんの真似事をしている。

レンタルおじさんと聞いてピンとくる人は、きっと同じドラマを観ていたと思われる。
2016年春に放送されていた日本テレビ系ドラマ「ゆとりですがなにか」だ。

#1

ドラマの内容には触れないが、このドラマは、「レンタルおじさん」と呼ばれるサービスを主人公が利用するところから始まる。
要するに、お金を払って見ず知らずのおじさんに悩みを聞いてもらう、というものだ。

ドラマのレンタルおじさん(吉田鋼太郎さん)ほど、風格も落ち着きも威厳も知識もないため、お金を頂くことはしていないが、ひょんなことからほぼ見ず知らずの方の身の上話を聞かされるという事態に陥っている。
ことの顛末をまとめておきたい。

続きを読む

分離派の夏

怪我をした。

4月から仕事が少し変わり、関わる人が格段に増えたのだが、その分休日のお誘いも増えた。
つい先日、ゴーカートに連れて行ってもらってハッスルし過ぎた結果、コーナーを曲がり切れずにカートごと突き刺さって怪我をした。
30過ぎて何をしているのかと情けなくなる。
カートの損傷も少なく、体も右足の捻挫で済んだのは不幸中の幸いだった。

そんなわけで身動きをとることも難しく、久々にブログを書いたりしている。
書きたいことも溜まっていたので、この機会になるべく消化していきたい。
今回は、最近購入したCDの中から、小袋成彬氏の「分離派の夏」が大層良いものだったので、その感想をまとめておきたい。

分離派の夏

宇多田ヒカル氏がプロデュースということで幾つかのメディアでも取り上げられて、新人としてはかなり大々的にプロモーションされている。
世間の評判も良いようで、本当に嬉しい。

続きを読む

温泉での珍事

つい2日前の夜、近所の温泉(スパ銭に近い)にて衝撃的な体験をした。
余りのことに、普段よく会うような同僚や友人には話せない内容だったので、ここに書き捨てておきたいと思う。
また、その過程で、期せずして自分について少しだけ発見があった。
そのことも残しておく。

続きを読む

腐女子へのシンパシー

先日、今シーズンのねほりんぱほりんが最終回を迎えた。
以前、記事にしたパパ活女子以降も、トップオタやホストに貢ぐ女たちなど、毎回刺激的な内容が続いて、スタッフの皆さんの力量に感嘆するばかりだった。
その中で、個人的に最も親近感を覚えたのが、「腐女子」の回であった。

思い返してみると、自分の友人にはいわゆる腐女子が多い。
中学の頃には、当たり前のように腐女子の皆さんから肌色の多い漫画を借りて読んだりしていた。
それは、ただ自分にゲイの要素があったからなのだと思っていたのだが、この回を観ていて、本当の理由が良く分かった。

続きを読む

さよならの朝に約束の花をかざろう

相変わらず忙しいのだが、その合間を縫って映画を観に行ってきた。
「あの花」や「ここさけ」といったヒット作で有名になった脚本家・岡田麿里さんが監督も務めたという最新作である。
実は、「あの花」も「ここさけ」も何となく観る気になれなくて、今回が初めて観る岡田作品になった。
ちなみに本作は「さよ朝」と略すそうだ。


映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』予告編

sayoasa.jp

最初に述べておくと、僕は、本作を観ている内にどんどんと体内に毒素が溜まっていくのを感じた。
要するに、全く乗れなかった。
そればかりか、むしろ怒りが募っていった。
君の名は。」ですらここまでの感情は湧かなかったのに、これはどうしたことか。
理由を良く考えて、おそらく「マイノリティ」の扱い方に対する圧倒的な配慮のなさにあるのだろうと気が付いた。
今回はその視点から、本作の感想をまとめておくことにする。

このように書いているので当然だが、この記事はかなり辛辣なことを書くことになる。
何かの間違いでこの記事に行きあたってしまった本作のファンの方、不快にさせる可能性が高いのでなるべくこれ以降は読まないことを薦める。
また、意見を述べる都合上、オチに近い部分を書いてしまうことになる。
これから鑑賞を控えている方も、読まない方が良いだろう。
それでも読んで、それは違うよ、と思うことがあれば是非コメントを残してもらいたい。
僕も、正直、自分の感性は歪んでいると思っているので。
映画館でも、すすり泣きが聞こえる中、自分だけが違和感を募らせている気がして、久々に孤独を感じた。

続きを読む

キャラクターの呪縛

2月、余りに実験が立て込んで更新が久しぶりになってしまった。
ここのところ、ブログの本来の目的から外れたことばかり記事にしていたので、たまには戻ろうと思う。
どのような経緯で自分のような人間が出来上がったのか。
今回は、小学生くらいの頃の自分を振り返ってみたい。
まだ、自分の性的指向がおかしいとは特に考えていなかった頃の話だ。

続きを読む

別れ話

あなたから電話があったのは、確か3年前の夏でしたね。
突然、仕事用のPHSに非通知の文字。
まだ勤め始めの新人時代で、少しドキドキしながら出たのを覚えています。
軽妙なトーク、美しい声、ただ頷くしかできなかった。
もっと聞いていたかったけれど、生憎その日は仕事が立て込んでいてそれ以上は無理。
それを伝えると、あなたは少し残念そうな声で「またかけます」。
突然仕事場に電話を入れられて、こちらに非はないはずなのに、何故か少しだけ罪悪感を感じました。

程なくして、昼休みにまどろんでいたところへ、また電話が。
今度のあなたは何だか違った。

「是非お会いして話がしたい。」

ちょうどその週末に近所に来る予定があると言う。
本当に何故か分からないのだけど、OKしてしまった。
確かに、あなたという人間に少しだけ興味を引かれたことは否定できない。
でも、今になって思えば、このときに会うべきじゃなかった。
お互いのためにも、もっと強く断っておけば良かったと、後悔しています。

続きを読む